子供が親に保険をかけるのはあり?メリットデメリットは?体験談と解決策




子供が親に保険をかける必要はあるのでしょうか。ないのでしょうか。

子供が親に保険をかける必要があるのなら早く解決して正しく動きたいですよね。しかし、子供が親に保険をかけるメリットデメリットを知らないと、なかなか行動に移せませんね。

 

そこで今回は実際に子供が親に保険をかける必要があるのかどうか体験談と解決策をお送りします。

子供が親に生命保険をかけることはできる?の体験談1

質問

将来のためにと思い、子供が親に生命保険をかけることはできるのでしょうか。

親の財産は土地があります。

しかし亡くなった際の相続税や葬式代にも私が困りそうです。

そこで税金対策として、親を生命保険に勝手に加入できるのでしょうか。

回答

勝手にはできません。

無選択型の保険で告知の必要性がなくても申込書に被保険者の自署が必要となります。

相続や贈与として保険を使う場合、「契約者」「被保険者」「保険金受取人」をしっかりしないと全く意味のないものになってしまいますので気を付けましょう

相続の場合は・・・

契約者 親

保険料を支払うのも親

被保険者 親
保険金受取人 子

となります。

贈与の場合は・・・

契約者 子

実際に保険料を払うのは親
被保険者 子
保険金受取人 子

というようになります。

子供が親に保険をかけるのは内緒でも大丈夫?の体験談2

質問

子供が親に生命保険をかける場合 親に了解をしてもらわないとかけられないのですか?

親の年齢は何歳までかけられますか?

受取人は子として 子が自分でお金を出してかけたいと思います。

回答

様々な保険商品に加入できます。

しかし被保険者(=親)が知らない状態で契約は出来ません。

被保険者たる親が、自署或いは指定代理人(署名が困難な場合に選定)による代書が必須条件となります。
生命保険の最高齢加入者は84歳までですよ。

子供が親に生命保険をかけるのはどう思う?の体験談3

質問

親に生命保険かけるってどう思いますでしょうか。

回答

できれば健康な若い、条件の良いうちに加入してくれればよいですが。
場合によっては70以降であっても必要性があり、本人が支払いする金もない場合では、子供が契約者で被保険者父や母で内容も子供が選んで加入することはよくあることですね。

医療保険も同様です。親の預貯金状況や子供の気持ち次第ですね。

子供が親に保険をかけるときはは相談が必要ですね。