親の生命保険を内緒で加入させることはできるの?体験談と解決策




親の生命保険をかけたいのに、なかなか親が生命保険に加入してくれないということがありますね。

その場合困るのは親ではなくあなただったりするのですよね。

そこで生命保険に加入させたいものの、反対されてしまい一向に加入できないことがあります。

そんな時、内緒で生命保険を加入させることはできるのでしょうか。

体験談と解決策をお送りしますね。

 

子供が親に生命保険を内緒で掛ける体験談1

質問

成人の子供が親に内緒で親の生命保険かけたりできるのでしょうか。

回答

被保険者の同意のない契約は保険法違反で無効となります。

子供は内緒で親に生命保険かけられる?の体験談2

質問

子供は内緒で親の生命保険を掛けられますか?

先日、病気で働けなくなった知り合いが、 誰かが生命保険を掛けているのを理由に生活保護を受理出来ない言われたと言います。
知り合いは「きっと娘だろう」と申請を諦めたそうですが、全く知らなかったそうです。
内緒で親の生命保険を掛けられるのですか?親子以外でも可能なのでしょうか。

回答

本人の同意なしに契約できないという建前は置いておきます。

実際契約できるかというと、出来ますよ。

生命保険の勧誘員と直接やりとりしないタイプなど、他人が契約可能な商品はあります。高額な保険金の商品は無理でしょう。低額で健康状態の告知が簡単な商品は、可能です。インターネットで契約が完結する商品など。

かなり詳しい個人情報を知っていることが条件になります。生年月日はもちろん、詳しい健康状態、引落し口座の番号、銀行の印鑑、クレジットカードの番号、などなど。

掛金で親を援助した方が、まっとうな人の道ですよね。お知り合いご本人が解約する事も可能なはずです。

解約すれば生活保護を受けられるかどうかは要確認です。

親に内緒で生命保険に入れる?体験談3

質問

親に内緒で生命保険に入ることはできるのでしょうか。

高校三年なのですが、本気で保険金について調べています。

回答

残念ながら無理でしょう。

高校3年生ということは、無職の未成年ということになりますので、無職の未成年が契約者(場合によっては被保険者になる場合も)になる場合には、必ず親権者の同意が必要となります。

 

親に内緒ではなく話会ってからのほうがよいでしょう。