親が保険に入っていない時は入らせるべき?困る?体験談と解決策




親が保険に入っていないとき、親は保険に入るべきなのでしょうか。

保険に入っていない状態の場合はどう子供に迷惑がかかってしまうのでしょう。

また保険に入っていないときの問題に直面した時の体験談と解決策をお送りします。

父親生命保険未加入で貯金もないの体験談1

質問

父が70才で生命保険未加入とわかったのです。
私は貯金がないので、もし父親が死んだ場合どうやって、お金を工面すればいいかわからないのです。ちなみに、父は年金暮らし、自己破産ずみ、貯金なしといった状態です。
親の連帯保証人で、今でも借金払い続けていて、貯金はできません。
兄もいますがニートで、障害を持っています。
独り暮らしで精一杯で、もし死んだ場合の、医療費や、葬儀代の捻出をどうしたら良いか教えて欲しいです。

回答

どうしようもない親ですよね。
自己破産したのなら、他にも迷惑を被った方がいっぱいいましたね。
香典以前の問題です。当てにする方がおかしい。本人だって期待しないとおもいますが。
医療費を気にするようなら最初から保険に入りそうなものです。
しないくらいだから、のたれ死に覚悟のこと。
生活保護を受けるか、それが嫌なら死んだ病院から直接焼き場に運んで弔うのです。
直葬ですね。費用は4万円くらいだそうです。

骨壺は代わりになりそうな瀬戸物を見つけて今から買っておく。
梅干しのだっていいです。

死ぬ時ぐらい自分の始末しろと言って、最低金額20万円ぐらい積み立てさせることを意識させましょう。
多分貯金する気がないだけで、やれば出来るはずです。
年金全額で入れる病院もあります。金額も支払い限度以上は請求されません。
高度医療費制度を利用します。
病院内に相談する人がいますから、その時になってから心配しましょう。
法テラスといって、無料弁護士相談とか、市町村の弁護士相談も利用できるのでおすすめします。

余命わずかで生命保険で保険に入っていないことが判明の体験談2

質問

年老いた両親が生命保険に入っていないことが判明しました。
母が余命わずかのところで発覚したので焦っています。

ちなみに貯金もしていないことが判明しました。

皆様のご両親は生命保険入っているのが普通ですよね。

回答

生命保険文化センターの調べでは、70歳以上で生命保険加入して率は70%ですね。
ご加入されてない方もいると思います。

高齢者には高齢者医療制度があり、70歳以上の高齢者の医療費負担を軽減させている健康保険制度の1つです。
70歳以上の高齢者の自己負担額は、医療費の原則1割です。

また、自己負担の限度額(1か月あたりの窓口負担の上限額)は70歳以上の高齢者は44,000円です。

さらに、低所得(年金収入80万以下)の場合の自己負担限度額は15,000円です。

ですので、特に医療保険に加入しなくても自己負担は思うほど高額ありません。

終身保険などにご加入されると万一の時の葬式代にはなります。ただ、高齢のため保険料の負担は高くなりますね。
無理なければ、加入も検討しましょう。

父親無くなってから保険未加入が判明の体験談3

質問

1月に旦那のお父さんが亡くなりました。そこで初めて貯金が0 生命保険に入ってないことが発覚しました。

入院費 葬儀代 墓石 仏壇全て私達負担になりお寺に墓石たてる土地?は
購入してあります。
しかし15年間管理費を滞納してる事がわかりました。

無くなった父親のお母さんは見知らぬ顔だし毎日ゲーセンで遊んでるし
払ってもらって当たり前というような考えでいます。

親が子供に迷惑かけるのってどうなんですか?

年金も使っては借りにくるし旦那は甘いし 言いたい事いうと
怒るしこのままではいけないと思います。

回答

これはひどい!
心中お察しします。

申し訳ないけど 親が子供を当てにして金借りに来る時点で もうどうしようもない人ですよ。

ご夫婦の お子さんは考えませんか?もし考えるのであれば ただちにお母様を自立させ、旦那さんの意識を変えていかねばならないと思います。
親を経済的に支えてる時点で すでに質問者様ご夫婦の負担増です。
お子さんがもし生まれてきたとして、その子の幸せのための 教育費・学費の捻出 したいですよね?
子供に食わせてもらって生きたくないでしょうから、老後資金だって 自分達の葬式代だって、貯めておかねばなりませんよね。

今すぐ ご夫婦で話し合いをもったほうがいいとおもいます。
旦那さまが 甘いこと言って改善しない場合は離婚も視野に入れたほうがいいと思います。

 

親が保険に入っていないと残された子供たちが困ってしまうことがありますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です