親の生命保険はいくらくらいでかけている?体験談と解決策




親の生命保険はいくらくらいで掛けるべきか悩みますよね。

どのくらいの生命保険を掛けてくれていれば、万が一の場合悩まなくて済むのでしょうか。

親の生命保険はいくらくらいかけるべきか、体験談と解決策をお送りします。

親の掛け捨て生命保険はいくらかける?の体験談1

質問

親に生命保険を掛けることについて相談されました。

掛け捨ての生命保険はいくらぐらいかければよいのでしょうか。

収入は少ないのでさほど掛けられるわけでもありません。
現在個人の月々5000円程度のガン保険に入ってます。

掛け捨てのほうがお得ですか?

回答

うちの親の生命保険は掛け捨てで月1万かけるようにしています。
貯蓄型も実際いいものではないのが分かったので保険会社を変えることにしました。

同じ保障内容で2万6千円ほど払っていたのです。
無駄金を払っていたなと思います。

貯蓄型に入るのであれば、銀行に貯金しても同じですよ。
銀行は元金保障がありますが保険会社がつぶれたらそれまで払ったお金は戻ってこないので気を付けてくださいね。

特に日本の保険は高いですので、よく比較して選んでくださいね。

親になって生命保険はいくらかけるべき?の体験談2

質問

生命保険や医療保険はいくらかけるべきなのでしょうか。

私は30代のサラリーマンなのですが、妻子を養うという立場です。

年収は600~650万です。貯金も1000万あります。

現在ローンは一切ありません。

持ち家はなく賃貸で生活していて、私は持病もなく健康に過ごしています。

万が一、病気で数ヶ月入院しても十分にやっていける貯金があるのります。

毎月何千円も医療保険に払う必要は無いとは思っています。
そこで子供がいるので生命保険を手厚くして、医療保険はソコソコで考えているのです。医療保険については要らないかな?とも思っているくらいです。

保険屋は過剰なまでの(掛け捨てなのに月13000円の掛金)プランを「絶対必要だ」と強く勧めてきますがどうなのでしょうか。

回答

私は13000円の保険料が高いとは思いません。

ただ考えて頂きたいのですが、その貯金は医療費を賄う為だけに貯めたものですか?

お子様がいらっしゃるので、学費にあてたり、賃貸との事なので、マイホームを購入する事も将来考えていませんでしょうか。

医療保険は「貯金を守る」ことができますよ。

大学の学費はどうされますか?今の貯金は果たして残ってるでしょうか?

保険は無駄のない、克つ安心な物にする為にはライフプランニングが必要不可欠となります。

ネット生保や、素人揃いの漢字生保はおすすめしません。

親は保険料いくらかけるべき?の体験談3

質問

保険料について。
掛け捨ての保険に主人は毎月15000円、私は10000円ほど払っています。2人とも30代前半。子どもなし。 第一生命で内容は手厚いですが幸いにも使っていません。

大黒柱の主人は今のままでいいとして、私はもっとお得感のある保険に乗り替えたいと考えています。

安い保険には支払いが悪い、保証範囲が少ないなどリスクがあると聞きます。皆

どんな保険に入って毎月いくら払っていますか?

回答

漢字生命の方が未払いが多いですね。
掛け金が高い分、補償が悪いです。
私は去年やっと健康診断をしたので、今年、14年ぶりに私の生命保険を見直すことにしました。
ライフプランで徹底的に色んな保険会社を比較し、掛け捨てにしたので今まで以上の内容で年間7万も安くなりましたよ。

子供たちが成人になれば1つ解約予定ですのでもっと安くなる仕組みにしました。。
ウチは自営で、子供も2人いますけど、質問者様程掛け金は多くないです。
しかも充分な補償内容です。

兎に角、資料を取り寄せ徹底的に比べることです。

生命保険を親がいくらかけるべきか見直しをしてみるとよいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です