子が親に生命保険をかけるべき?かけないと困るのは自分?体験談と今後の対処法




子が親に生命保険をかけるべきか否か悩みますよね。

生命保険がかかっていないせいで自分が困る結果になってしまうのなら、子が親に生命保険をかけるようにして回避したいところです。

そこで子が親に保険をかけるべきか否か、体験談と今後のための対処法をお送りしますね。

子が親に生命保険を掛けた受け取り人は?の体験談1

質問

一人っ子です。 現在結婚していて子供がいます。

子供の私は親の生命保険を掛けたのです。実母、実父が亡くなった場合生命保険金は子の私に支払われると想います。

旦那にも相続権は発生しますか?
実母、実父…生命保険の受け取りは私になっています。

回答

あなたの親の相続で、あなたの配偶者は基本的に相続権はありませんね。
あなたの配偶者が、あなたの親の養子になっていれば相続権はありますが。

生命保険の死亡保険金は指定された受取人の固有の財産なので、指定された受取人以外は受けとることができません。

子が親に生命保険をかけることは可能?体験談2

質問

子が親に対して保険をかける事は可能なのでしょうか。

私は現在20代です。

母50代に精神疾患があり、母自身は精神障碍者年金で生活費を賄っている現状なのです。

母の精神疾患は予後が悪いと言われているものなので今後働く事も不可能となりました。

母自体の貯金もありません。父は私が未成年の頃離婚しており別に家庭を持っているので頼れませんし、私はあまり給与が良くなく、母に万一のことがあった場合助けられないと今から経済的に非常に強い不安を感じるのです。

回答

精神の病気を持っているとのこともありますし、多分生命保険には入れませんよ。

 

子供が親に生命保険を内緒でかける?の体験談3

質問

成人の子供が親に内緒で親の生命保険かけたりできるのでしょうか。

回答

被保険者の同意のない契約は保険法違反で無効となります。

 

子が親に生命保険を掛ける時は親の承諾と同意が必要ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です